仮想通貨の集計のすすめ【第14回】~Coincheck整理編③~

今回は、Coincheckから他の取引所やウォレット、決済などで送信したデータ整理です。

約定履歴や販売所の売買などと同じ体裁にするために整理をしていきます。
日付と日時の抽出の仕方は、第11回を参考にしてください。

今回のデータ整理で注目するところは、赤枠の「種別」、「事由」、「単価」です。
ここが一番、面倒な部分になってくると思います。
まず、「種別」ですが、Coincheckで送信履歴をダウンロードするとすべての仮想通貨の送金データを取得することができますが、初期情報として、BTCの送金なのか、ETHの送金なのかがAddressからしか読み取ることができません。
なので、Addressから判別又はCoincheckサイトの送金履歴側では何を送金したか確認できるので、それを見ながら入力することになります。
続いて、「事由」ですが、ここは任意で良いかと思います。Zaifに資金移動したとか飲食代で支払ったとかわかる範囲で入力していきます。
最後に「単価」です。ここも項目としては非常に重要なのですが、この時点で「単価」入力することができるのは稀なので入力しなくても構わない部分です。

「事由」がハッキリわかっていると集計作業は非常に楽になります。

あとは、基本的に組み替えをするだけです。手数料に注意するくらいです。
また、mkt2に関しては、送信の場合には、「事由」を入れておきます。ほかのmkt2の情報はなしでおkです。
これは、Coincheckで送信された仮想通貨が、他の取引所では、受取ることになった場合に重複しないように後々、利用するための仕様です。
それに加えて、日本円換算額はmkt1単価に数値が入らないので0ですが、気にしないでください(現時点で単価を計算することは困難です。約定履歴データなどと合わせたときに計算できるようになります)。基本的にここも後から入力する項目になります。

受け取る場合も送信と同様の内容になるので省略します。
但し、マイニングなどの事由がある場合には、少々複雑になってきます。
今回の目的としては、整理と集計なので所得(儲け)の計算側は一旦、棚上げです。

参考にExcel置いておきます(フルVerじゃない)。
送信
05CCSend
受信
06Deposit

仮想通貨の集計のすすめ【第13回】~Coincheck整理編②~

今回は、Coincheck販売所でコインを買った場合のデータ整理です。

販売所で購入した場合の取引データを前回の第11回と同じ体裁にするために整理をしていきます。
日付と日時の抽出の仕方は、第11回を参考にしてください。
http://wp.me/p88T8G-t7

ここも大部分は、第11回を参考にしてください。

今回のデータ整理で注目するところは、赤枠の単価部分です。mkt1とmkt2共に今回のケースでは日本円換算後の単価になっています。
なぜ、日本円の換算額にしているかというと、確定申告はすべて円建てです。BTC建てで確定申告することは出来ないので、日本円換算をしている流れになります。
私としては、仮想通貨同士の売買が課税対象にはならないという見解には疑問がありますので、今回の様に仮想通貨同士の売買であっても所得(儲け)を計算できるように対応しているということです。
かといって、購入した時点でのBTC価格がいくらなのかは不明です。そこをどうするかというのも選択の余地があると思います。
その日の終値なのか、始値なのか・・・、気分によって選ぶのではなく、その日の終値と決めたらずっと継続して、その方法によって換算していくことにします。気分によって選んでいる場合については、税務署側から価格を操作しているというあらぬ疑いをかけられる恐れがあるので、ルールを決めて運用することになります。
今回のケースでは、購入した日の平均レートによって換算していく方法を継続します。ということにして、換算しています。あくまで、1つのやり方です。

この辺は、取扱いが明確ではないので、日本円換算する必要がないかも知れません。デモね、日本円で購入、BTCでも購入した後に、その仮想通貨の一部を日本円で売却した場合の取得価額の計算どうするんですか?という所を考える必要がでてきます。

さて、どうやってBTC単価をもってくるか、ここからはExcelの勉強です。

mkt2単価に購入した日のBTC平均単価の値が入るようにしたい。
VLOOKUP関数を利用します。
VLOOKUP関数は、指定した範囲から、検索する値と同じ行にある値を返します。
今回のケースでは、BTCのレート表から、「日付」をキーにして、BTC単価をもってくるようにします。

VLOOKUP(B2,BTC!$A:$B,2,0)

B2=「日付」
BTC!A:B=BTCシートのA列~B列の範囲で同じ「日付」の行があるか調べます。
一致する「日付」があった場合に、その行のうち、B(2)列の値を返します。

Coincheck販売所では、「BTC」の場合と「JPY」の場合があるので、VLOOKUP関数だけだと、「JPY」で購入した時もBTCの平均単価の値が入ってしまいます。
なので、IF関数を併用します。
mkt2の値が「BTC」の場合には、VLOOKUP関数を使用して、それ以外の場合には、JPY単価「1」の値が入るようにします。

IF(I2=”BTC”,VLOOKUP($B2,BTC!$A:$B,2,0),1)

I2=”BTC”=mkt2がBTCだったときには、VLOOKUP関数を使用する。そうじゃない場合は、1という値が入るように分岐するのがIF関数です。

これによって、O列に日本円換算額(購入総額)が計算されるので、mkt1単価も日本円換算額÷mkt1数量で日本円の単価を算出することができます。

Coincheck販売所で売却する場合も同様なので、そっちの説明は省略します。

ところで、各取引所の終値や始値、平均単価を楽に出力できる方法はないでしょうか。
どなたか教えてくださいm(._.)m おねがい

参考にExcel置いておきます(フルVerじゃない)。
購入
03CCBuys
売却
04CCSells

仮想通貨の集計のすすめ【第12回】~Coincheck整理編①~

Coincheck取引データ編①と②でダウンロードしました。

結果、何も修正を加えていない場合、このような状態になっていると思います。

これだと、集計しづらいので、データの組み換えや情報を追加して、整理していきます。
Excelの勉強の時間ですね。

まずは、取引所:約定履歴から。
my-complete-orders-2017-08-07.csvというような名称でダウンロードされています。
これを開くと、A~G列に値が入っています。

完全に好みですが、Dateの値を日付と日時(日付+時間)に変換します。
なぜ日付と日時に分けるかというと、日付については、仮想通貨同士の売買に関しても課税となった場合に、日付で、その日のレートを参照するときに使用します。現行税制では課税される可能性が高いので、あとで集計できるように日付のみのデータを抽出しています。
続いて、日時ですが、これは、並び替えをする時に利用します。他の取引データ、例えば、販売所でBTCを購入した場合の日付については、日時にプラスして「UTC」という値になっています。対して取引所の約定履歴には、日時にプラスして「+0900」という文字列が入っているため、気分的に嫌というだけです(並び替えをする時に多分影響がないと思うので、気分ですね)。

では、どうやって日付を抽出するか。ここからはExcelの勉強です。

Left関数を使います。
Left関数は、指定したセルの値を左から〇〇文字、取り出すことができる関数です。
Left(A2,10)でA2のセルの値10文字を取り出すと、2017-06-07(10文字)です。
同じように、Left(A2,19)でA2のセルの値19文字を取り出すと、2017-06-07 09:05:23(空白も入れて19文字)という形になります。

例えば、日付が2017-6-7というように月や日の前に0が入っていないようなパターンの場合には、FIND関数を併用すると便利です。
FIND関数は、指定したセルの値の中に検索したい文字列が〇文字目にあるかを調べる関数です。
FIND(” “,A2,1)とした場合、A2で検索した「空白」が一番初めに登場するのは、11文字目になります。
(一番後ろの1は、検索を開始する位置を指定することができます。今回は左から1文字目から検索するので1となります。)

FIND関数で取得した文字数をLEFT関数と併用する事により、月や日の前に0が表示されていないパターンにも対応することができます。
併用するとこんな感じです。
LEFT(A2,FIND(” “,A2,1)-1)
FIND関数では、左から数えて空白を含めた文字数11という値が返されます。
空白よりも前の文字をLEFT関数で抽出したいので、11-1=10という値になるようにFIND関数の後ろに-1を付けてあげます。

次に、販売所などと合わせられる様に、組み替えを行います。

私は、複式簿記大好きなので、大きく分けて、market1とmarket2という形を設けています。
market1がBTCの売却であれば、market2は、日本円の購入というようになります。
なぜ、このような形なのかというと、仮想通貨同士の売買だった時には、仮想通貨それぞれの数量を把握しなければ、残高数量が一致しません。もちろん、日本円の残高も合わせることが可能です。
market1で集計、market2で集計とそれぞれ分けて集計可能な状態にしていると後々、楽だと思います。ここ結構重要です。
どんな方法でも良いですが、単式で集計しようとするとかなり苦労することになると思います。
単式というのは、組み替えをしていない一番初めの状態をここでは指します。

日付は、-から/に更に変換しています。-の状態だと、見た目は日付なのですが、日付と認識してくれないので、DATEVALUE関数を使って、日付の値になるようにします。日時も同様です(+TIMEVALUE関数を使用)。

問題は赤枠で囲ってある部分です。この部分に関しては、次回、説明します。
とりあえず、日本円の時は単価1円表示しています。

他の販売所の取引データや仮想通貨の送受信履歴もA列からO列に組み替えをしてしまえば、集計が容易になります。

参考にExcel置いておきます(フルVerじゃない)。
02CCOders

仮想通貨の集計のすすめ【第11回】~整理できるとこうなる~

こちらの動画をご覧ください。
夏休みの成果物ですw


実際には、こんなにうまく集計できないですけど、データを整理することによって、その後の工程がスムーズに行うことが可能になります。
ポイントになるのは、受取や送金の部分の情報を補足することが大事です。

ダウンロードしたデータを貼り付け。
送受信に関して補足事項追加。
Excelの数式で体裁整理。
取引データ、受取データ、送信データを合算。
各仮想通貨ごと区分。
所得計算。
という流れになります。

Excelのマクロ使って、こーゆーの作るのも面白いです。

パワーポイントで動画作成

パワーポイントで動画を簡単に作成できるんですね。知らなかった。

・「ファイル」タブの「エクスポート」から「ビデオの作成」を選択します。

・画質(サイズ)を設定。状況に応じて、適切なものを選びましょう。

・ナレーション等を記録していれば使用することが出来ます。

・スライドを切り替えるタイミングを設定します。

・「ビデオの作成」を選択すれば、動画の作成が開始します。

青色申告特別控除

QRCL【スマホアプリ】

アイコンがちょっとなぁと思うのですが、スマホアプリ「QRCL」は、スクショを撮るだけでQRコードを読みこめるので、非常に便利です。

スマホでサイトを見ている時にQRコードを見つけても、どうやって、そのQRコードを読み込むのかと苦労した経験もあると思います。

スクリーンショットなど、スマホの画像を読み込みことで、簡単にQRコードを読み込むことが出来ます。

最近だと、ビットコインのQRコードを送ったり、送ってもらう機会が少ないですけど、増えてきました。

ビットコインのアドレスがQRコードでしか載っていない場合には、このアプリを使って、クリップボードにコピーして利用することができます。

ビットコイン扱うまでは、それほどQRコードを読み取る事で苦労することも少なかったですけど、これは、役に立ちます。

https://play.google.com/store/apps/details?id=circulation.qrcl&hl=ja

障害者控除 エクセル 名前の管理とデータの入力規則

・障害者控除(国税庁HP
028syou
029syou

障害者控除の対象となる人は、
①常に精神上の障害により事理を弁識する能力を欠く状態にある人
②児童相談所、知的障害者更生相談所、精神保健福祉センター、精神保健指定医の判定により、知的障害者と判定された人
③精神保健及び精神障害者福祉に関する法律の規定により精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている人
④身体障害者福祉法の規定により交付を受けた身体障害者手帳に、身体上の障害がある人として記載されている人
⑤精神又は身体に障害のある年齢が満65歳以上の人で、その障害の程度が①、②又は④に掲げる人に準ずるものとして市町村長等や福祉事務所長の認定を受けている人
⑥戦傷病者特別援護法の規定により戦傷病者手帳の交付を受けている人
⑦原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律の規定により厚生労働大臣の認定を受けている人
⑧その年の12月31日の現況で引き続き6ヶ月以上にわたって身体の障害により寝たきりの状態で、複雑な介護を必要とする人

障害者控除は、障害者「手帳」などの交付を受けている人を扶養している場合に適用を受けられると考えている方が多いと思います。対象となる人のうち、⑤を見逃している可能性が高いです。

確定申告の際に、大量の医療費の領収書を持ってきて確定申告の相談にいらっしゃる方でお話を伺っていると、「手帳」は持っていないけど、⑤に該当する人を扶養しているのではないかという事例がみられます。実際に市役所に問い合わせをしてもらうと、「障害者控除対象者認定書」の交付を受けることができ、障害者控除の適用を受けることができました。

安曇野市
http://www.city.azumino.nagano.jp/soshiki/23/974.html
http://www.city.azumino.nagano.jp/uploaded/attachment/2392.pdf
どの市町村でも、大概は、同じだと思います。もしかして、と思う方は、ダメもとでも問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

参考Excel
参考、自己責任。

名前の管理とデータの入力規則

030syou
031syou

ドロップダウンリストで入力をするときには、名前の管理を使って、名前の定義付けをしておくと便利です。
あとは、ドロップダウンリストで入力させたいセルを選択し、データの入力規則から、リストを選択。
元の値の欄に、先ほど定義した名前を入れるとリストに表示され、選べるようになります。
今回のケースでは、同じブック内なので、INDIRECT関数は必要ないのですが、他のエクセルを参照したいときには、INDIRECT関数を使用しないと、エラーメッセージが出てしまいます。

前回は、扶養控除の中で同居について質問形式で入力させました。障害者控除でも同居について、確認が必要になります。
すると、同居の質問形式だと、2度手間になってしまうので、新たに同居の区分とかを付ける方が効率的になります。参考Excelでは、修正してませんが。
このように、扶養控除、障害者控除・・・と、控除項目を増やしていくと、年末調整ソフトのように、色々リストから選ぶようなものが、エクセルでも同じようなリストが…という感じになってきます。

扶養控除

・扶養控除(国税庁HP
024fuyo
①控除対象扶養親族とは、扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が16歳以上。
②特定扶養親族とは、控除対象扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が19歳以上23歳未満。
③老人扶養親族とは、控除対象扶養親族のうち、その年12月31日現在の年齢が70歳以上。
④同居老親等とは、老人扶養親族のうち、納税者又はその配偶者の直系の尊属(父母・祖父母など)で、納税者又はその配偶者と常に同居している人。

・配偶者控除(国税庁HP
025fuyo
※老人控除対象配偶者とは、控除対象配偶者のうち、その年12月31日現在の年齢が70歳以上。

027fuyo

年末調整の際に、給与所得者の扶養控除等(異動)申告書に記載された事項に応じて、所得控除額を計算していきます。
この2つの控除の共通事項としては、「その年12月31日」の「年齢」によって、所得控除の金額が異なるという点です。

基準日時点の年齢を知りたいときに役に立つ関数が、DATEDIF関数です。
DATEIF(開始日(生年月日)、終了日(基準日12/31)、単位(年数Y))

頻繁には必要ないのですが、意外と年齢を確認する機会はあると思います。数え間違いや検証用に知っておくと便利です。
そのほかにも、日数計算、月数計算にも使えます。

「年数」がわかれば、配偶者控除は、IF関数などを使って控除額を判定することが出来ます。
IF(年齢>=70,48万円,38万円)

扶養控除は、
①16以上18以下
②19以上22以下
③23以上69以下
④70以上
⑤70以上同居
⑥対象外(住民税に関する事項へ記載)
に分けることが必要になりますので、IF関数などエクセル関数を用いて判定するのは、難しいので、VBAマクロSelect Case構文などが役に立ちます。

今回は、70以上同居の判定をメッセージボックスを使って、質問形式にして判定するようにしてみました。
026fuyo
70以上を対象に、メッセージボックスの回答「はい」、「いいえ」によって、結果が変わるようにIF構文を使って分岐させています。

そして、例のごとく、住民税の計算で用いられる所得控除は、所得税の所得控除額と異なります。

参考Excel
あくまで、参考です。自己責任で。

生命(一般用・介護医療用)・個人年金・旧長期損害・地震保険料控除

・生命(一般用・介護医療用)・個人年金
016kojo
(1) 新契約(平成24年1月1日以後に締結した保険契約等)の控除額(新生命保険料、介護医療保険料、新個人年金保険料)
017kojo

(2) 旧契約(平成23年12月31日以前に締結した保険契約等)の控除額(旧生命保険料、旧個人年金保険料)
018kojo

各控除額の合計額が生命保険料控除額となります。この合計額が12万円を超える場合には、生命保険料控除額は12万円となります。

新契約の算式をマクロで記述すると・・・
021kojo
金額に応じて計算式が変わるので、Select Case構文を使って、当てはまる金額に応じて計算方法が変わるようにしています。こうしておけば、保険料額を入力すれば、あとは自動計算してくれます。年末調整のシステム使えば勝手に計算してくれますが、検証用にあるとたまぁに役立つかもしれません。

・旧長期損害・地震保険料
020kojo
019kojo

この生命保険料控除と地震保険料控除の控除額は、所得税と住民税によって控除額が異なります。
022kojo
所得税の上限は12万円ですが、住民税だと上限は7万円といった具合に控除額が変わります。そんなことを知っていても、給与以外の所得が20万円以下である場合など、住民税の申告書を提出する可能性があるときには、もしかしたら役に立つかもぐらいの話です。

※参考
エクセル添付してみた。
算式とか間違っているなどあったとしても、責任は負いません。w

元に戻すって便利だよね【Windows】

ExcelやPowerPointなどで数値の入力、文字などなど間違いまくります。ちゃんと出来れば良いんですけど、そこは人間だもの…という事で、お世話になるのが、「元に戻す」ボタンや「やり直し」ボタンです。
38c
ExcelやPowerPointの左上にあるボタンですね、たぶん。元に戻すボタンを何回も押して戻しまくり、逆に戻し過ぎてやり直しボタンを押しまくる経験は私だけでしょうか。
元に戻すボタンのショートカットキーがCtrl+Z。
やり直すボタンのショートカットキーがCtrl+Y。
このショートカットキーを覚えておくと便利です。もちろん、ExcelやPowerPointの時にも使えます。
ですが、この元に戻すもやり直すも、ExcelやPowerPoint以外でも使えます。
例えば、フォルダのファイルを間違って削除してしまった場合。フォルダには、「元に戻す」ボタンがないのですが、ショートカットキー:Ctrl+Zを押せば、削除する前の状態に戻ります。
37c
ファイルを完全に削除するで削除してしまった場合には使えませんが、この他にも、ファイルのコピー間違いやOutlookで…など使えるところが色々あります。