台風の被害がヤバい、太陽光パネルも飛んでるなー

台風21号の被害がヤバい。

朝日新聞:台風21号、死者11人に 住宅300棟超に被害
https://www.asahi.com/articles/ASL9534DLL95PTIL00X.html

ニュースとかであまりやらないけど、太陽光パネルとかの被害もすごそうだなぁ。

https://togetter.com/li/1263729

結構ヤバい状態になっていても発電するらしいので、感電する可能性があるので注意した方が良いらしい。

太陽光パネル被害を見る度に思うのが、「再生可能エネルギーの固定価格買取制度」。

再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定価格で一定期間買い取ることを国が約束する制度。

電力会社が買い取る費用の一部を国民から賦課金という形で集めている。

という説明があるのだが、太陽光パネルが少なくなれば、総じて賦課金も少なくなるのだろうか。

計算式を見る限り、関係なく、賦課金が徴収されるようだ。実態とかけ離れないか・・・。

保険とか入っていると思うが太陽光パネル分の借金だけ残ってしまう可能性も、近年だと大きくなりそうだ。

幸い、自分の住んでいる長野県安曇野市は、あまり台風の被害は、少ない。
今回もそれほどだった。

まぁ、その代わり、この辺は地震が危険らしいが…。

どの地域にいても一定の災害リスクがあるんだなぁとつくづく実感。

いい加減、防災グッズとかを常備するように心がけないといけないな。

何事も事前の準備、リスク回避は重要。

不動産投資の勧誘の電話って多いよね

最近、不動産業界が賑やかな気がする。

朝日新聞:不動産会社のTATERUが改ざん 顧客の融資資料を
https://www.asahi.com/articles/ASL933SD2L93UUPI001.html

スルガ銀行の件も。

DIAMOND online:スルガ銀・かぼちゃの馬車で露呈、不動産投資は罠だらけ
https://diamond.jp/articles/-/178714

そんな中、マンガ「正直不動産」3巻が発売。
小学館:https://www.shogakukan.co.jp/books/09860069

千三つ。千の言葉の中に、真実はたった三つだけ。

不動産業界がそう呼ばれる理由がマンガを通して、知ることが出来る。

そら、騙されますわ。

株と違って、不動産投資にはあまり興味がないので、正直よくわからない。

相続で不動産評価するにも「価格」というのはひどく曖昧に感じる。

田舎で相続対策でアパートとか建設してもトータル的なところで利益を生み出していくのが大変なことは度々、目にする。

いや、都会やシェアハウスなら安定した所得が得られる。

と、いう様になるのだろうか。

よく営業で都会のマンション一室購入しませんか的なのがある。
10年間(もっと長い?あんまりまともに聴いてない)くらいは、家賃保証付ければ、借入金の返済を考えると若干のマイナスにはなるけど、借入の返済が終われば、その不動産は手に入りますし、家賃収入ももらえます。

でも、はじめの10年間くらいは、ある程度の入居は見込めると思うので、むしろ、その後や不動産価格自体、その場所の土地勘等も考えなければならず、難しく感じる。

何にしても、マンガ「正直不動産」はおすすめ。

金の密輸、増加中

日本経済新聞:金密輸、消費増税で急増? 10%で利ざや拡大
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO34883290R00C18A9EA1000/

消費税8%へ増税されたのが2014年。

まだ、そんなもんだったか。随分前に感じる。

金に消費税がかからない国から密輸し、日本国内で売却。消費税分だけ利益が出る。

消費税率が10%に引き上げられると、金密輸がもっと増えてしまう。

金については、非課税にしても良いのでは?

と、思うのだが、投資、宝飾以外にも産業用需要があるので、「消費」というカテゴリーになるのだろう。

そんなことで、消費税法の罰則第64条の4、輸入消費税の脱税について、罰則を強化。
(平成31年4月1日施行)

脱税額の10倍が1,000万円を超える場合、罰金刑の上限を脱税額の10倍までとすることが可能になった。

————-
第六章 罰則
第六十四条 次の各号のいずれかに該当する者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
4 第一項の犯罪に係る保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税に相当する金額の十倍が千万円を超える場合には、情状により、同項の罰金は、千万円を超え当該消費税に相当する金額の十倍に相当する金額以下とすることができる。
————-

一定の牽制にはなるかもしれないがあまり効果はなさそうだ。

やはり、金は非課税にした方が良いような気もするが、どうなるか。

——————
第六章 罰則
第六十四条 次の各号のいずれかに該当する者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 偽りその他不正の行為により、消費税を免れ、又は保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税を免れようとした者
二 偽りその他不正の行為により第五十二条第一項又は第五十三条第一項若しくは第二項の規定による還付を受けた者
2 前項第二号の罪の未遂(第五十二条第一項に規定する不足額の記載のある同項の申告書を提出した者に係るものに限る。)は、罰する。
3 前二項の犯罪に係る課税資産の譲渡等及び特定課税仕入れ若しくは保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税に相当する金額又は還付金に相当する金額が千万円を超える場合には、情状により、これらの規定の罰金は、千万円を超え当該消費税に相当する金額又は還付金に相当する金額以下とすることができる。
4 第一項第一号に規定するもののほか、第四十五条第一項の規定による申告書をその提出期限までに提出しないことにより消費税を免れた者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
5 前項の犯罪に係る課税資産の譲渡等及び特定課税仕入れに対する消費税に相当する金額が五百万円を超える場合には、情状により、同項の罰金は、五百万円を超え当該消費税に相当する金額以下とすることができる。
—————–

—————–
平成31年4月1日施行
第六章 罰則
第六十四条 次の各号のいずれかに該当する者は、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
一 偽りその他不正の行為により、消費税を免れ、又は保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税を免れようとした者
二 偽りその他不正の行為により第五十二条第一項又は第五十三条第一項若しくは第二項の規定による還付を受けた者
2 前項第二号の罪の未遂(第五十二条第一項に規定する不足額の記載のある同項の申告書を提出した者に係るものに限る。)は、罰する。
3 前二項の犯罪(第一項第一号に規定する保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税を免れ、又は免れようとした者に係るものを除く。)に係る課税資産の譲渡等及び特定課税仕入れに対する消費税に相当する金額又は還付金に相当する金額が千万円を超える場合には、情状により、前二項の罰金は、千万円を超え当該消費税に相当する金額又は還付金に相当する金額以下とすることができる。
4 第一項の犯罪(同項第一号に規定する保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税を免れ、又は免れようとした者に係るものに限る。)に係る保税地域から引き取られる課税貨物に対する消費税に相当する金額の十倍が千万円を超える場合には、情状により、同項の罰金は、千万円を超え当該消費税に相当する金額の十倍に相当する金額以下とすることができる。
5 第一項第一号に規定するもののほか、第四十五条第一項の規定による申告書をその提出期限までに提出しないことにより消費税を免れた者は、五年以下の懲役若しくは五百万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。
6 前項の犯罪に係る課税資産の譲渡等及び特定課税仕入れに対する消費税に相当する金額が五百万円を超える場合には、情状により、同項の罰金は、五百万円を超え当該消費税に相当する金額以下とすることができる。
—————–

NISA満了になるのか

2014年NISAで購入した株がある。
NISA購入銘柄は5年間配当等が非課税になり、売却益に関しても非課税となる。

2014年のNISA銘柄について、
①ロールオーバー
②一般口座に移す
③売却
を検討する必要がある。

私は、2014年分に関してはほとんど売却済みなので、残りの分もロールオーバーすることなく、保有し続ける予定もないので、タイミングをみて売却したい。

SBI証券:NISAロールオーバーとは?非課税期間満了時のご案内
https://www.sbisec.co.jp/ETGate/WPLETmgR001Control?OutSide=on&getFlg=on&burl=search_nisa&cat1=nisa&cat2=nisa&dir=nisa&file=nisa_rollover.html

NISAの困るところは、損失分を他の利益と相殺できないところ。

NISA購入銘柄で損が出るのはなるべく避けたい。

2014年~2018年の中で、含み損を抱えている銘柄が2015年に1銘柄ある。
2014年じゃなくて良かった。
含み損が4%なので、なんとか盛り返してもらいたいところではあるが、上昇余地はそれほどないと判断を変えているので、プラスに転じたら売却する予定。
上昇余地がないならさっさと損切をする方が良いとも思うのだが、配当利回りも良いし、大幅に下落する心配はなさそうなので、放置している。

今年は、一般口座を含めると含み損が拡大中なので、どこかで巻き返したい。

警察庁が仮想通貨の取引履歴に関するシステム導入するって

日本経済新聞:仮想通貨「不正」一括で把握
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34731350Z20C18A8CR8000/

犯罪やマネーロンダリングに仮想通貨が利用されているから警察庁がシステム導入して操作に役立てる。

以前から民間企業のサービスがあった(BIG:https://blockchaingroup.io/これくらいしか知らないが・・・)ようで、コインチェックのXEM流出事件の時にも、監視してるぜみたいなブログ?かなんかで公表してた気がするが、なくなってるような・・・。

他にもこういったサービスを提供している企業があるのかもしれないが、どこの企業のシステム導入するのだろうか。
自作?・・・は、ないかな。

「脱税」も犯罪だから、警察庁だけじゃなく国税庁も利用するのだろうか。
各省庁のつながりという点でイメージわかない。

国税庁は国税庁で別にシステム導入するのかな。

最近、税務調査が行われているという話を聞くが、そういうの導入前に大変な思いしてやるのかな?
寝かしておいてからやると思ってたんだけどなぁ。

勉強会?セミナー?

今日、おカネの勉強会やった。

うまく話せなかった。

人前で話すのは難しい。

あと、参加者の知りたいことではなかったようだ。
うまく話せないことよりも相手のニーズと一致しないことが問題だ。
自分の伝えたいこと相手の知りたいことが合わない空気。久しぶりに味わった。
悪夢の高校での講演がよみがえった。テーマが悪かったかな、
次回のテーマもマズい気がする。

あんまり集客できなかったら、申し訳ない感じになった。

やはり、参加する人が少ないと良くないようだ。

次回もやる予定だけど、集客どうしようかな。

税制改正要望が新聞に載り始める時期ですね

日本経済新聞:個人事業主の相続税軽く 経産・財務省が検討
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO3463760027082018MM8000/

日本の税制改正の流れってほぼほぼ決まっている。

8月末までに各省庁が税制改正要望を提出。

今、この時期なので、要望内容が新聞に掲載される。
この前の電子決済の税制優遇なんかもその一つだ。

毎年、要望には挙がっているけど実現しないモノも多々ある。

財務省のホームページにこんな感じで掲載される(去年)。
https://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2018/request/index.htm

このあと、12月中旬ぐらいに与党の税制改正大綱が公表される。

んで、1月~2月、3月にかけて国会でなんやかんやーとなり、3月末ぐらいに成立。

4月1日施行となる。

税制改正の中には景気刺激策目的のものもある。

なので、夏枯れ相場終了の前に税制改正要望に挙がり、恩恵を受けそうな株を保有するイベントドリブンも面白いかもね。

JRAが武豊4000勝に向けて特設サイトを!?

競馬の事はあまりわからなくても武豊は知っているという人は多いと聞く。

競馬と言えば、武豊。

競馬と言えば、キタサンブラック。

競馬と言えば、ディープインパクト。

競馬と言えば、オグリキャップ。

名馬の背に武豊。

武豊、JRA通算4000勝のカウントダウンに伴って、JRA特設サイトが公開された。

http://jra.jp/special/take4000/

G1レースや4000勝までの軌跡を動画で見れたりと、気合入ってるなぁって感じ。

これをきっかけに競馬に興味を持つのも面白いのでは。

なんか、4000勝達成してもらうのが楽しみになってきた。

おすすめは、2001年ジャパンカップダートのクロフネ。馬の能力ってこんなに差があるの?ってビビるw

何気に2000年菊花賞エアシャカールのレースとか好き。

G1、全レース見ちゃうんだろうな。

ビットコインで報酬がもらえたウィムジカルウォー

前にビットコイン報酬がもらえるというニュースが流れたゲーム、ウィムジカルウォー。

ファミ通App:『ウィムジカルウォー』を遊ぶとビットコインが手に入る!?仮想通貨配布システム“CryptoChips”2018年8月実装予定
https://app.famitsu.com/20180531_1301898/

ビットコインにつられて始めた訳です。

で、ちゃんと実装されて、報酬をいただきました、100円相当w

ゲーム自体、面白くはあるのですが、実装される前に既に飽きていた。

ランキングを上げるには、1試合3分で対戦相手に勝つ必要がある。

キャラレベルを上げて対戦することになるのだが、レベルを覆して勝つことが難しいため、なかなか上位に行くことが難しい。
後発組であれば、課金しないとなかなか溝は埋まらないと感じる。
ある程度、レベルがあっても1試合3分なのでランキングを上げるにも時間がかかるので、やはり簡単に報酬が得られることはなさそうだ、残念(笑)

これならSpells of Genesisの方が良いかも・・・似たようなもんか。

というかゲームしすぎ。

キャッシュレス化 ようやく税制面でも介入か

日本経済新聞:決済電子化で税優遇
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO34374260Q8A820C1MM8000/

2020年オリンピックに向けて、キャッシュレス化を推進と言いつつも、何をしているのだろうかと思っていた(調べてはいない)。

税優遇という形で事業者に導入を促すことが検討されるとのこと。
今年の税制改正大綱に盛り込まれて来年度施行という流れだと思うが、どうなるか。
実施する可能性は高そうだ。

仕事がらクレジットカード決済の手数料の会計処理を見る度に、手数料の金額高いと感じる。

小規模事業者は、カード決済などがなくても現金で払ってくれるし、カード決済を導入していないから客が来ないということも田舎じゃなかなか発生しにくいので、導入するメリットがあまりないと思っている。

決済手数料分の税額控除(だと、赤字だと意味ないが・・・、その辺はどう考えているんだろう。手数料もそれぞれ異なるだろうし・・・、運営会社側が申請等してくれた方が楽そうだが、果たして)が受けられるのであれば、導入するきっかけにはなる。どのくらいの期間の時限的措置か不明だが、普及拡大の流れとともに決済手数料も安くなるのであれば期待。

仮想通貨も対象に載ってくれば面白いけど、仮想通貨の決済手数料はカード決済や電子マネーと比べて安いから、あまりメリットないのかも。ただ、決済基盤を提供する事業者にも補助金を検討しているので、仮想通貨はそちらで恩恵を受けられるか。

手数料以上に税額控除があるようにすれば、現金受け付けませんって形になれば早そうだけど、財政的に厳しいか。

当面は、今の手数料で導入する事業者が増えるのであれば、運営会社は国の後押しもあり業績を押し上げる形になる。

激しい争奪戦が予想されるが、どの運営会社がシェアを大きく握るのだろうか…