進むか脱・横並び総会 法人税の申告期限延長【法人税】

平成29年度税制改正要望で法人税の申告期限が半年間延長される予定です。
http://mr-zeirishi.com/2016/12/20/kakuteientyo/

日本経済新聞:2/4進むか脱・横並び総会 税制改正、企業は言い訳許されず
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO12489290T00C17A2000000/

上場企業の決算短信、すなわち、企業の業績の開示は、45日以内に開示、決算期末後30日以内の開示が望ましい…。

四半期決算が始まった時に、この45日以内に開示することに対応するのに苦労をした覚えがあります。
上場企業に勤めていた時には、決算短信を早期に開示するには、どうすれば良いのか業務の見直しをして改善をしていましたが、結局、開示するのは、やはり45日くらいでしたね。
監査法人の監査日程が長いんだもん。多くの企業が30日開示とはいかない様に思います。

決算短信よりも詳細が記載された有価証券報告書は、3ヶ月以内の開示です。
3ヶ月って結構あるように思いますが、間違いがないように3ヶ月以内に作るってかなり大変で、同時並行で、招集通知、株主総会準備、監査法人はいつまでぐちぐち言ってくるんだぁってなります。

でも、全部、さっさと終わらせたいと思うじゃないですか。それに、総会だけ後ろにずらすとか、今期がスタートして四半期が既に経過して、次の決算短信とか作らなきゃ間に合わないのに、総会を7月に???ムリ。
株主総会の裏方もやったことありますけど、株主からの質問は来ないでくれーって思うし、出席が少ない方が楽だなぁとか思ってました。たぶん、役員の方々も質問とか来ないでくれって思っている、そういう所が多いのではないでしょうか。
法人税の申告期限が延長になったところで変わらないだろうし、だからと言って法人税の申告期限を理由に言い訳はしていないと思うのですが。

ということで、延長してもあまり意味ないかな。消費税の申告は、2ヶ月以内ですし。

コインポータルお年玉キャンペーン当選!

当選したーーーーw
https://www.coin-portal.net/2016_end_of_year/
004tosen

SoG=Spells Of Genesisは、ブロックチェーンを使ったカードゲームです。
005tosen
カウンターパーティ(CP)と呼ばれるビットコインのブロックチェーンを利用した、トークン(簡易コイン)プラットフォームで作られたトークンが、SoGで使えます。
カウンターパーティ上で発行されたトークンすべてが、SoGで使える訳ではないので、私の発行しているMARUZEMIトークンは、全く何の役にも立ちません。
トークンは、ビットコイン同様送りあったり、トレードすることが可能です。

https://www.coin-portal.net/2017/01/06/16484/?cat=postcat

https://spellsofgenesis.com/index.php?action=game

Sarutobiカード以外は、SoGゲーム内のカードしか保有していないので、非常にうれしいです。
これで、デッキが強くなります。
https://spellsofgenesis.com/index.php?action=game_leaderboard
プレイヤーのランキングもあるので、これで、上位を狙いたいと思いますw
1/24現在で、私は69位。何気に結構やっている(笑)

すっかりお休みモードに・・・

ビットガールズ見てます!?
http://bitgirls-nemkd12.hatenablog.com/entry/2016/12/27/225828

これを見て、ついつい探し始めてしまいました。

ですが、見つかりません。

このブログを書いた方と同じコードを見つけることは出来るのですが・・・。

1つだけ、EP7で「kzE6z」を新たに見つけました。でも???って感じです。

まだ、見つかっていないようですので、皆さんも参加してみてはどうでしょうか。

私は、ギブです。

経産省の「繊維流通統計」でデータの不正処理が大量発覚 関係者を処分、統計自体も廃止へ

Yahooニュース:12/26経産省の「繊維流通統計」でデータの不正処理が大量発覚 関係者を処分、統計自体も廃止へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161226-00000550-san-bus_all

こういう事があると、統計調査を提出する気がなくなるというやつですね。

四半期に1回、企業統計調査や年1回、工業統計調査など、業種や規模によって提出する統計調査は変わってきますが、会社を経営していれば、一度は目にしたことがあると思います。

提出しない企業もあるかと思いますが、罰則が存在する統計調査もあります。

統計法第13条では、経済センサス-基礎調査、商業統計調査のような国の重要な統計調査である基幹統計調査について、調査の対象となる「個人又は法人その他の団体に対し報告を求めることができる」と規定されています。
また、統計法第61条では、「第13条の規定に違反して、基幹統計調査の報告を拒み、又は虚偽の報告をした者」の罰則(50万円以下の罰金)についての規定があります。

実際には、罰則を受けた企業というのは、私の知る限りではありません。

しかし、統計調査などは、国の重要な指標になり得るもので、出来る限り協力すべき事項だと思います。

なのに、今回のように改ざんされるようでは、意味がありません。しかも、廃止する程度の統計だったのであれば、他にもたくさん存在するはずなので、ぜひとも見直してもらいたいことろです。

正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換

日本経済新聞:12/26正社員の副業後押し 政府指針、働き方改革で容認に転換
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS25H1D_V21C16A2MM8000/

なぜ、就業規則には、副業禁止の定めが多いのか、納得です。
マイナンバーの規程を作成するときにテンプレートコピーして、それを修正する。他の規程なども、一から作成なんてことをなく、テンプレート参照にしてますもんね。
就業規則も当然、テンプレートがあって、それに基づいて作成しているから、多くの就業規則には、副業禁止規定が存在している。
もちろん、電通など過重労働の話を聞けば、副業でさらに働くという行為が、就業時間中のミスなどを招く可能性もあり、会社としては、副業を認めることは慎重になることも考えられます。
今さら就業規則のテンプレートが、改訂されたところで、既存の会社は、就業規則を見直すのでしょうか。

しかし、働きたい意欲のある人を、1つの会社に縛り付けるのにも、疑問があります。バランスの問題ですね。

さて、副業のパターンは、色々あると思います。
正社員勤務(常勤)+
①パート・アルバイト勤務
②自営業
③役員
など

注意したい点(イメージ、概要)
①2ヶ所以上の会社で勤務した場合、両方の会社で社会保険に加入対象となるときは、社会保険料の計算の基礎となる標準報酬月額を合算して計算する必要があります。(パターン①or②などのケース)
両方の会社で、社会保険の加入対象となるのは、非常にレアケースだと思います。今まで、このケースがあったとしても、名寄せなど難しく、社会保険料を徴収していなかった可能性が高いですが、マイナンバーが始まったので、きちんと名寄せが行われる…かも。合算するにしても、どちらの会社が社会保険をいくら負担することになるのか。この辺は、ガイドラインが来年度に出来るそうです。

②確定申告その1(パターン①or③などのケース)
2ヶ所以上で給料をもらっていたとしても、給料だから確定申告をしていないという人は、今、現在、副業している人でも多いと思います。
主な給料(年末調整されていること。)以外の給料(2ヶ所、3ヶ所目)の合計額が20万円を超える場合には、給料であっても確定申告が必要です。
わかっていて、確定申告をしていないという事あれば、良いのですが、無条件に給料だからしなくても良いと思っている方は、注意です。
住民税は、主な給料以外の給料が20万円以下であったとしても、確定申告する必要があります。

③確定申告その3(パターン②などのケース)
自営業(ネット販売、アフィリエイト、ネットワークビジネスなど)などを行っている場合、必ずしも確定申告をしなければならないことにはなりません。
自営業などの場合、給料とは違い、赤字のケースなども考えられます。赤字なら確定申告しても良いし、しなくても良いという事になります。
また、給料(年末調整されていること。)以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。
住民税は、赤字でない限りは、確定申告する必要があります。

実際に該当するかどうかは、②~③ともにもう少し、細かいです。②と③の詳細は、国税庁HP
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm

副業という事になると、自分で確定申告をしなければいけないケースが出てくるという事にも意識を向ける必要があります。
特に自営するのであれば、「経費」の考えは、重要です。

検証!マイナンバー 保身優先、普及阻む「官」【Yahooニュース】

YAHOOニュース:12/18検証!マイナンバー 保身優先、普及阻む「官」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161218-00000054-san-soci

結局、官もやりたくないから、国民は「マイナンバー」のメリットを享受できず、関心が向かないのだなと実感する内容です。

「マイナンバー」じゃなくて、「ユアナンバー」だろ?と誰かが言っていたのを思い出します。

国側が、将来的には、医療費に紐付けて申告が楽になるよ、とか、市役所など行政に手続きにいった時に「マイナンバー」だけあれば、手続きがスムーズになるよ、とか。

国民側が便利だなぁと思う所が、未だなく、国側だけ、ナンバーを把握し、国民一人一人の「所得」、「銀行残高」など財産を逃すことなく見られているという、あなたを管理しているよという「ユアナンバー」のイメージが強すぎる。
健全に申告、何も悪いことをしていなくても、見られるのは、結構、嫌なものです。そういう意味では、ビットコインで既に、まさに国に見られているような感覚を既に体験している。透明性がありすぎて、国どころか、誰でも見ることが出来ている状況ですから。誰もわかっていないとしても、やはり、気分が良いものではないです。

マイナンバーとビットコインの技術を組み合わせれば、世の中が劇的に変わることが予想されます。もぅ、さっさとそうなって欲しいですが、「官」も「民」も保守的なので、当分、先の事と認識しています。
ここは、保守的なことに加えて、エンジニアじゃない、私みたいな人がさも簡単に出来ると思っていることにも問題があったりします。
個人でも企業でも何かを変えることは、たくさんのエネルギーを必要とします。それがわかっているから、やだなぁと思ったり…。
しかし、そのエネルギーを上回ることを意識できた時に、みんな動きます。

マイナンバーも、これ良いなって、意識が向くような取り組みが、今後、重要になってくる?始める前の話かも?という事ですけど。

健康増進「水素水」表示で改善求める 正しい情報を得る難しさ

Yahooニュース:“健康増進”「水素水」表示で改善求める
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161215-00000076-nnn-soci

「水素水」が本当に「健康増進」に寄与するかどうかは、十分なデータが取れていないので、どちらにも可能性があるという状況だと思います。
現時点において、「健康増進」を証明しうる根拠がないので、根拠があるかのように宣伝するのは、やめてねと言うことですね。

何が正しい情報なのか、インターネットなどで簡単に情報が手に入る世の中で、取捨選択が非常に難しくなってきています。

ネットなんかを見ていると「水素水」なんて、何の効果もないと言う意見の方が私の感覚では、多く見受けられますが、市場に結構な規模で出回っていますし、実際に売れているようです。
株式投資など資産運用をしていると、正しい情報を人よりも早く得る事が出来れば(インサイダーとかの問題もありますが)、情報の価値、稼ぐチャンスは生まれてくると思っています。
しかし、別に正しい情報ではなくても、情報が独り歩きをし、結果、保有していた株が上昇し、儲けたなんてことも、結構あったりなかったり。その逆に、下がり続けて、大損したりということも、結構あったりなかったり。

そんな話を聞くと、資産運用は危ないみたいに思われますが、個人的にはすごく勿体ないと感じます。

人の働くことが出来る時間、そこから生み出される報酬は、私みたいな凡人においては、限界があります。
これは、私の趣味の一つでもあるのですが、凡人でもお金は稼げるのかというテーマを趣味と言い張り、色々やったりしています。
凡人と言うと、普通にサラリーマンやっている人という解釈だと思いますが、さすがに普通にサラリーマンやって他に何もしないのならお金を稼ぐ場所は、会社にしか存在しません。
そうではなく、優れた頭脳、特技などなく、万年、平社員でも、世間一般に得られる情報などを基に、お金を稼ぐことは出来ないか?という事です。
一時期は、競馬こそがと思っていた時もあります。競馬に関しては、残念な結果で終わりましたけども、何もしないよりは、稼ぐチャンスはあった訳です。
給料が安い、税金が高い、もっといろんなものが欲しい、旅行がしたいなど、と言う割に、じゃぁ、そのために、手元に残るお金を増やさないといけない訳で、どうやったら、稼ぎが増えるの?とか、本当に税金の抜け道ないの?とか探したことがない人が殆どではないでしょうか。探してみれば良いのに。どうやったらお金が入ってくるの?って考えるの楽しいと思います。

だいぶ、脱線した内容になってしまいました。

戻って、「水素水」の情報なんかを基に、日常生活においても、「健康」に対する投資(消費)を行っていて、「生活費」という形でお金が出ていっています。そんなものに使わず、質素倹約しろとかいうのではなく、盲目的な状況に陥らない様に、お金を使う前に一度、考えてみるのも大事ではないでしょうか。

freeeがマネーフォワードを提訴

TechCrunch:12/8 freeeがマネーフォワードを提訴、勘定科目の自動仕訳特許侵害で

http://jp.techcrunch.com/2016/12/08/freee-mf-litigation/

会計・税務に携わっている者には、気になるニュース。
詳しい中身がわからないので、何とも言えないのですが、「勘定科目の自動仕訳に関する特許」がどの範囲の内容か気になるところです。

現在では、多くの会計システムが、預金やクレジットカードからの自動仕訳という処理が採用されています。何が違うのでしょうか?AI?

ユーザー側にとっては、低コストで、業務の効率化をすることができ、今までと比べると大変助かります。
ただし、仕訳を作成する作業からチェックする作業へと業務が移行してきているので、チェック作業を怠ってしまう事が多くなり、ちょっと、まずい状況も見られます。AIを用いた精度の高い自動仕訳で間違っていないとしても、チェックは、必ずする必要があります。

今回の件は、早急に解決し、より使いやすい会計・税務システムが出てくればと思います。

勉強会

12/7、カウンターパーティと初めての確定申告の勉強会をしました。

確定申告、税金の話がメインかと思いきや、カウンターパーティ9割、税金1割という感じになってしまいました。

勉強会に来てくださった方は、やはり、税金の話をもっと聞きたかったようです。

次は、税金の話をメインにして、カウンターパーティの方は、「なし」にするつもりは、全くなく、使える人が増えるように普及活動をしていこうと思います。

税金の話とか、つまらないと勝手に思っていました。
ではなく、つまらなくするような、伝わらない話をしない様に、わかりやすいように伝えなきゃいけないんだなと実感しました。

次は、ちゃんと税金の話をします。たぶん。

最近の投稿の体たらくぶり

最近の投稿の体たらくぶり。

無理やり続ける為だけに書いている、駄目な感じです。

というのも、なかなか、風邪が治らず、今週は、トイレに行く回数が半端ない。おしりが痛い。

更には、スマホの液晶画面にタッチしても認識してくれない。下のホームボタンや戻るボタンが使えないのは、かなり不便です。少し前までは、上の液晶部分の通知バーなどが使えなくなっただけで、ちょっと、面倒ではあったけれども…。
12月でちょうど2年経つのですが、割と壊れるの早かったなぁという印象。こんなもんなんでしょうか。
そして、これから待ち受けるであろう、修理や機種変更なかなか大変だなぁと感じます。色々なバックアップだったり、ビットコインのウォレットとかあると余計に神経使います。

せめて、今年中は続けようと、無駄なあがきをしている投稿。

こんなんで続けてても意味ないのにね。やめよう。