配偶者控除及び配偶者特別控除の見直し【税制改正大綱:所得税】

色々、議論になり、また、先送りになるかと思われたが、配偶者控除に見直しが入った。

配偶者控除が縮小され、配偶者特別控除を拡大する改正です。

・時期:平成30年分以降

※以下、夫が働き手の場合を前提としています。

・配偶者控除(縮小):所得制限が設けられた。

現行税制においては、夫(配偶者控除の適用を受けようとする居住者)の所得金額には、制限がなかったため、夫の所得が1億だろうが、配偶者控除の適用を受けることが出来ました。
所得税は累進課税を採用しているので、所得が大きい人ほど、配偶者控除の恩恵は、大きくなります。

今回の税制改正大綱では、夫の所得が大きい場合には、配偶者控除の適用を受けられないことになりました。
001jougen
ややこしいことに、3区分に分けることになります。殆どは、900万円以下に収まると考えられますが、判定に注意が必要になってきます。

所得金額に上限が設けられただけですので、今まで通り、給与が「103万円」を超えれば、配偶者控除の適用はありません。

縮小されただけか、というと、そうではありません。代わりに配偶者特別控除の適用対象が拡大しました。

・配偶者特別控除(拡大):奥さんの給与150万円未満まで、配偶者控除と同様の38万円控除。

配偶者特別控除は、配偶者控除の適用を受けられる所得38万円をちょっとでも超えてしまうと適用が受けられなくなるのは、不公平だという事で、奥さんの給与が141万円未満であれば、段階的な配偶者特別控除の適用を受けることができました。

税制改正大綱では、奥さんの給与が150万円未満であれば、配偶者控除と同等の38万円の所得控除の適用を受けることができます。
また、給与が150万円超えても、205万円までは、少額ですが、配偶者特別控除の適用を受けることができます。
002jougen
配偶者控除で3区分出来てしまったので、同じような税額表が、他に2つあります。

もちろん、奥さん側は、給料が103万円超えることになれば、奥さんの給料に所得税が課税されます。
003jougen
実際には、社会保険料控除や生命保険料控除など他の所得控除がありますが、この計算上は、配偶者特別控除と基礎控除のみで計算しています。
ちなみに38万円控除がない場合に、増える所得税は、38,800円です。

青色申告65万円控除への道【所得税】⑤(弥生会計)

実際に弥生会計で仕訳の入力をする場合、まず、右上にあるナビゲータボタンで、ナビゲータを開きましょう。
028ao

029ao
現金出納帳、預金出納帳、売掛帳、買掛帳、仕訳日記帳、振替伝票、入金伝票、出金伝票と色々な入力方法がありますが、基本となるのは、仕訳日記帳形式による入力です。
わかりやすさからいけば、出納帳関係が一番イメージが付きやすいと思います。この辺の入力方法は、好みです。
入力形式が変わっても、入力に必要な情報に変わりは、ありません。

仕訳日記帳で入力をする場合。
027ao

このように取引の入力が出来れば、あとは、すべての取引を漏れなく入力すれば良いことになります。

青色申告65万円控除への道【所得税】④

017ao

日々の取引に記録(仕訳)は、
左側)科目名 金額×××/右側)科目名 金額×××
という、「複式簿記」のルールで作成します。

②左には、資産。右には、負債。

資産とは、自分が持っている価値のあるモノです。

負債とは、借金などのように、貸してくれた人に対して支払をしなければいけない義務です。
「借入金」は、お金のことではなく、返済をしなければいけない義務のことです。

差額と書かれている部分は、資産と負債がなぜ生まれたのか、という説明書きをする部分です。

日々の取引の記録、仕訳と呼びますが、
左側/右側には、必ず同じ金額が入ります。
説明書きが、片方が2行や複数に分かれることもありますが、左右は必ず同じになります。
左側 科目名 金額×××/ 右側 科目名 金額×××
左側 科目名 金額×××/

この説明書きを集計すると会社の儲けがわかるようになります。損益計算書と呼ばれるものになります。
(※説明書きには、わずかですが、集計されないものもあります。これを資本と呼びます。)

021ao

022ao

青色申告65万円控除への道【所得税】③

帳簿を付ける・・・、簿記とかわからないから出来ないよ。
出来る人は、
現金 100 / 売上 100
これだけの事だよって言われても、そもそも、この意味が分からない。
そう、意味がないのです。昔の人が勝手に決めたルールだけど、みんなが同じルールで作れば、ルールを知っている人は、わかります。それぞれが勝手なルールで作ってしまったら、それを見る人は、いちいち、作った人から説明を受けなければなりません。税務署、金融機関など、一人ひとり相手にしてられません。

なので、残念ながら、最低限のルールは覚える必要があります。

017ao

①物事(取引)を左右に分ける。

②左には、資産。右には、負債。

このことをもとに、現金出納帳を、見てみます。
018ao

現金は、自分が持っている価値のあるモノ、つまり、資産です。
なので、現金出納帳の残高は、左です。
②のルールだけで考えると、入金=現金が増える=左側が増える、となります。
出金=現金が減る=左側が減る、という事になります。

ここに①の左右に分けるというルールを加えると、
現金が増える=現金(左)/???(右)
現金が減る= ???(左)/現金(右)=左にある現金を減らすには、-現金(左)ではなく、(右)に記載します。
現金出納帳でも、左が入金、右が出金になって、現金の残高が表されています。現金出納帳を、①と②のルールを使って、作成してみると。
020ao

借方科目名が、左です。貸方科目名が右です。
借方、貸方と変な呼びかたしますが、昔からの慣習で、特に深い意味はありません。

この左と右に分けて、記録することを「複式簿記」と呼びます。

青色申告65万円控除への道【所得税】②

帳簿を付ける・・・、簿記・・・、色々考えてしまう前に、↓をつくることできますか?
018ao

タイトルに現金出納帳とか、偉そうに書いてあります。
でも、内容は、
①誰から、誰に
②現金をもらったのか、それとも支払ったのか
③なんで、その人からもらったのか、その人に支払をしたのか
と言うだけです。

預金通帳みると、出納帳そのまんまです。預金出納帳も同じように作りましょう。

特に大事なのは、これを作ったときに、自分の現金の残高や預金の残高が同じになることです。

これが出来れば、6割くらい、ミッションクリアです。
019ao
領収書など、証拠になる資料と一緒にしておきます。もし、手元にある現金の残りと合わないときは、領収書など無くしてないか、数え間違いがないかチェックしましょう。

現金出納帳エクセルダウンロード

青色申告65万円控除への道【所得税】①

以前投稿した、所得税の青色申告。
http://mr-zeirishi.com/2016/11/17/aoiro/

青色申告の65万円控除は、ハードルが高いように思うかも知れません。
そんなことは、やってみないとわからないよ。という事で、所得が出ている個人事業主の多くの方は、帳簿を付けています。まだ、やっていない方、面倒でやらないだけで、出来ます。
単純に考えて、所得税が累進課税で15%、住民税が10%と考えたとき、65万円控除を受けることで、得られる節税額は、162,500円。所得税が10%でも、130,000円。5%でも、97,500円です。
面倒だから、難しそうだから、と、やらないのは、もったいないと思いませんか。何もせずに税金が高いと言う前に、やってみてはどうでしょうか。

まずは、青色申告を始めます。と、税務署に申請書を提出する必要があります。
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/annai/09.htm

こちらが、記載例。
017aoirosinsei

①納税地を所轄している税務署名を書きます。

②提出日は和暦で書きます。(持参する場合は、空欄でも問題ありませんが、郵送する場合には、記載ておいた方が良いでしょう。)

③自宅で仕事を行う場合は住所地(自宅住所)になります。住所地以外のところにお店や事務所などの事業所がある場合は、そこを納税地として選びます。

④電話番号は携帯電話でも良いです。

上記以外の住所地・事業所等がある場合は、そこの住所と電話番号を書きます。なければ、空欄。

⑤印鑑は認印でも良いです。

⑦事業の内容を一言で書きます。日本標準職業分類を参考に。

⑧屋号を書きます。商号登記をしていなくても問題ありませんが、他の人が商号登記した屋号は使えません。心配なら、最寄りの法務局で屋号調査しましょう。屋号がなければ空欄で良いです。

⑨青色申告で確定申告を始めたい年を書きます。開業年でない場合、3/15までに申請すれば、その年から青色申告出来ますが、11月も後半の今、申請書を提出しても、来年からの青色申告になります。

⑩名称には、屋号や本店などの名称を書きます。自宅開業なら自宅住所です。

⑪開業の年に青色申告をする場合には、開業日から2ヶ月以内に申請書を提出する必要があります。

⑫65万円控除は、複式簿記にチェックします。

⑬事業の内容によって、必要な帳簿が違いますが、総勘定元帳と仕訳帳は、複式簿記では、必ず作成する必要があります。そのほか、現金出納帳、売掛帳、買掛帳、固定資産台帳、預金出納帳など必要に応じてチェックをつけましょう。(総勘定元帳と仕訳帳にチェック入れておけば、そのほか、チェックがなくても、問題はないですが、帳簿は作成しておきましょう。)

税務署には、とりあえず、「所得税の青色申告承認申請書」を提出しておけば、OKです。出来なかったら、65万円控除しなければ良いだけの話です。但し、青色申告で確定申告をする年を間違えない様に注意しましょう。うっかり、来年からなのに、今年の申告書に青色申告特別控除65万円、と記載するようなことがない様に。

これで、あとは、帳簿を付けるだけ。

中小企業退職金共済制度

小規模企業共済、中小企業倒産防止共済、そして、中小企業退職金共済。

小規模企業共済や中小企業倒産防止共済と比べて、更に知られていない共済です。

小規模企業共済は、事業主の将来の退職金に備えるための共済でした。
中小企業退職金共済制度は、「事業主」の退職金に備えるために支出した掛け金について、法人の場合には、損金として、個人事業主の場合には、必要経費になります。通常、退職金については、退職した時点の事業年度に、支払った金額が一気に損金や必要経費に計上されることになります。この制度を利用すると、損金や必要経費の計上時期を前倒しすることができ、また、従業員の退職金を確保しておくことができます。

特定の従業員だけ、という事は出来ず、加入した場合、全従業員が対象になります。

新規加入の場合、現在、1年間、掛け金月額の1/2国から助成金があります。

従業員の月額掛け金の最低単価は、5,000円です。

退職金は、従業員を解雇等した場合でも、従業員に直接支給されます。

この共済制度を上手に活用してみては?

所得税の青色申告

所得税の青色申告をしようとする場合には、原則として、青色申告をしようとする年の3月15日までに「所得税の青色申告承認申請書」を提出しなければなりません。開業等の場合には、開業等から2ヶ月以内などの例外もあります。

国税庁HP:https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2070.htm

今年、所得でそうだから、青色で申告しようとしても、今からでは遅いです。事前に申請書を提出する必要があります。

青色申告のメリットは主に
・所得から65万円or10万円の青色申告特別控除
・青色事業専従者給与・・・一緒に生活をしている配偶者などの給与を必要経費にできる
・貸倒引当金・・・損失の見込み額を必要経費にできる
・損失の繰り越し

青色申告特別控除の65万円と10万円の違い

65万円控除を受ける場合には、複式簿記と呼ばれる記帳をする必要があります。
例:現金 ××× / 売上 ×××

このような、記帳方法により、帳簿を作成します。
・仕訳帳(上記、例が1年分、記載されている帳簿)
013sou
・総勘定元帳
012sou

この2つが主要簿と呼ばれています。

そのほか、補助簿と呼ばれる
・現金出納帳
・売上帳
・固定資産台帳
など、必要に応じて、帳簿を作成します。それを基にBS,PLを作成し、確定申告書に添付することになります。

これが、65万円控除を受けるために必要なことです。

もう一つ、上記の複式簿記を採用しなくても、簡易帳簿による記帳により、65万円控除を受けることも可能です。
その場合に必要な帳簿としては、
・現金出納帳(預金出納帳)
・売掛帳
・買掛帳
・経費帳
・固定資産台帳
・その他債権債務等記入帳
事業によって帳簿の種類は異なります。

10万円控除については、収入金額や必要経費に関する事項を記帳した帳簿を付ける必要があります。
収入金額や必要経費などは集計しなければ、申告出来ないので、必然的に作成することになります。これは、青色も白色も変わりません。10万円控除を受けれるか受けれないかは、申請書を出しているか出していないかというだけです。

帳簿を作成すると聞くと難しく感じるかも知れませんが、会計ソフトに入力してしまえば、それほど、難しくなく出来ます。

来年は、3月15日までに青色申告承認申請書を提出し、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

住宅の売却

予期せず、転勤などにより、住宅を売却することになったとき。

土地や建物を購入した際に発生した金額がわかる資料は残しているでしょうか。

土地や建物を売却するときの計算式は、
売却代金-(土地や建物の取得費+譲渡費用)=譲渡所得
です。

つまり、譲渡所得を少なくしようとするならば、購入した時の金額を把握する必要があります。

土地の取得費には、土地の購入価格に加え、登録免許税・不動産取得税・印紙税なども含めることができます。

建物の取得費には、建物の購入価格に加え、登録免許税・不動産取得税・印紙税などが含まれますが、土地と異なるところは、その購入価格等から減価償却費相当額をマイナスして、取得費を計算します。

仮に土地の取得費がわからないときは、売却代金×5%ですって回答がほとんどです。まぢで!?うそでしょっ!?っていう感じです。
https://www.nta.go.jp/taxanswer/joto/3258.htm

しかし、すごい昔の土地とかだったりすると話は別で、むしろ、売却代金×5%の方が有利になります。
でも、売却代金×5%以上の価格で購入したことが明らかであるときは、やはり、おかしな話です。
しっかり、証拠資料は残しておきましょう。

http://www.kfs.go.jp/service/JP/60/19/index.html

前払費用

利益が出そうなとき、経費を増やそうと、モノを購入する。支払いをする。

お金を払えば、その時の経費になって、節税になると考える方がいらっしゃいます。

しかし、必ずしも経費になるとは、限りません。

その代表が、固定資産です。原則として、金額が10万円以上のモノで、1年以上使えるようなモノについては、耐用年数に応じて、減価償却費として、経費計上されます。

また、先に支払いをした、前払いについては、原則、経費になりません。
例えば、12月決算の場合、1月以降に開催される研修会やセミナーの費用を12月に支払いをしても、今年度の経費にはならず、翌年度の経費になります。お金の動きと経費の計上には、ズレが生じます。
そのほか、2年分の保守料を支払ったというような場合も、保守料を月割り計算をして、今年度分に対応する部分が経費になります。
但し、例外も存在します。
例えば、小規模企業共済や倒産防止共済、保険料、リース料、家賃などを年払い(1年以内)をするような場合には、1年分が、経費(又は、所得控除)として認められます。

利益が出そうだからといって、不要なモノや経費にできない前払いをして、資金繰りが悪化してしまわないように注意しましょう。

https://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/5380.htm